Tap to close
   

自律神経失調症の知っておきたいポイント

自律神経失調症の知っておきたいポイント

電話道案内

こんにちわ!

京都市下京区で頭痛・腰痛、子供の姿勢の改善に絶対の自信!

小村接骨院院長の小村です。

 

京都市下京区の小村接骨院には、

病院で自律神経失調症と言われた方も来られています。

そもそも自律神経とは?

自律神経とは交感神経と副交感神経という2つの神経の総称です。

 

この2つの神経が日常の中で無意識の内にバランスよく働くことで、

身体の機能をコントロールしています。

 

例えば血流、血圧、発汗、消化、吸収、排泄、呼吸、睡眠、免疫、ホルモン分泌といった

普段意識していないけど働いている身体の機能をコントロールしているのが自律神経です。

 

この自律神経が正常に働けなくなり、

身体の機能が低下(異常)した状態が自律神経失調症です。

ではなぜ自律神経症状が出てしまうのでしょうか?

一般的に言われているのは、

生活のリズムが崩れてしまったりストレスが原因と言われていることが多いようです。

 

ですが当院に来られた方にお話を聞かせてもらうと、

「そんなにストレスは無いんですけどね」と言われる方も多くいらっしゃいます。

 

確かに今はストレス社会と言われているように、

普通に過ごしているだけで身体はストレスにさらされています。

 

またストレスというと、

代表的なものであれば人間関係があげられますが、

実は身の回りで起こる事が全てが身体にとってはストレスになります。

 

例えば気温の変化、天候、気圧といった、

自分では気にならないものでも身体にとってはストレスになっています。

 

そして、

人によってはこういったストレスに強い人もいますし弱い人もいます。

 

このように考えると、

自律神経症状はストレスが原因になっているように思います。

 

確かにストレスも間違いないですが、

その前に考えなくてはいけないものがあります。

 

それは身体の不調です。

 

例えば肩こり・頭痛・腰痛・不眠といった、

よくわからないけど起こる身体の不調。

 

こういった何かしらの症状がなかなか良くならず、

病院で検査を受けてみる。

 

その結果「自律神経失調症でしょう」と言われるわけです。

 

自分で「私は自律神経が乱れてる」なんてわかる人はいないですよね。

 

自律神経の働きが乱れ身体の機能が低下してしまうと、

身体のつらさや違和感などが生じ、

痛みや症状に繋がってしまうのです。

 

そしてそんな皆さんが決まっておっしゃるのが、

寝つきが悪い、夜中に目が覚める、目覚めが悪いという事です。

自律神経の働きが乱れないように予防法は?

まずは湯船に毎日つかって定期的な睡眠をとることで日々の疲れを溜めないようにする。

暴飲暴食をせず、なんでもバランスよく食べて腹八分目の食事をする。

毎日無理のない運動をする。(30分のウォーキングなど)

 

これを心がけてみて下さい。

それでもだめなら京都市下京区西七条の小村接骨院にお気軽にご相談ください。

 

遠方の方は【M式テクニック】で検索してみて下さい。

業界トップクラスの先生方が患者さんの健康と生命を第一に考え、

常に腕を磨いてあなたを待っています(^^)

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ