Tap to close
   

ヘルニアと姿勢

ヘルニアと姿勢

電話道案内

こんにちわ!

京都市下京区で頭痛・腰痛、子供の姿勢の改善に絶対の自信!

小村接骨院院長の小村です。

腰椎ヘルニアと病院で診断されて当院に相談される方は少なくありません。

腰椎ヘルニアと一言で言っても、

  • 立っているだけで辛い
  • 座っていると辛い
  • 前かがみになるとつらい
  • 腰を伸ばそうとするとつらい
  • 足がしびれる、痛い
  • 夜痛みで寝られない

このように訴える症状は人それぞれです。

中には何年も何十年も生活に支障をきたすような症状で悩んでいる方もいらっしゃいます。

 

ではこのような腰椎ヘルニアはある日突然なるのでしょうか?

 

この様に質問をすると、

多くの方は「痛みが出た時から」と答えられます。

 

だから治療に行くと痛みがあるところを中心に治療をしている方がほとんどです。

腰椎ヘルニアであれば腰周辺ですね。

 

その結果何も変わらないどころか、

どんどん悪化してしまってから当院に来られる方が多いです。

 

腰椎ヘルニアと姿勢の関係を重要視されることはまだまだ少ないです。

 

例えば猫背の姿勢をしばらくとってみて下さい。

腰に負担がかかってくる感じがありませんか?

他の部分も言わずもがなですね。

 

病院で腰椎ヘルニアと診断されて様々な症状で悩んでいる方に対しても、

この姿勢の観点からアプローチしていくと身体に良い変化が出る事も少なくありません。

 

例えば立っている時座っている時が楽になったり、

夜もしっかり寝られるようになったりといった様に。

 

病院で腰椎ヘルニアと診断されて様々な症状がなかなか良くならない方は、

一度姿勢の観点からアプローチしてみてはいかがでしょうか?

 

当院では筋肉・骨格・神経の3つの方向から、

痛みの出にくい病気になりにくい身体作りのアプローチをしていきます。

 

遠方の方は【M式テクニック】で検索してみて下さい。

業界トップクラスの先生方が患者さんの健康と生命を第一に考え、

常に腕を磨いてあなたを待っています(^^)

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ