Tap to close
   

超高齢社会を健康に生きるには?

超高齢社会を健康に生きるには?

電話道案内

こんにちわ!

京都市下京区で頭痛・腰痛、子供の姿勢の改善に絶対の自信!

小村接骨院院長の小村です。

 

突然ですが現在平均寿命はどれぐらいか知っていますか?

男性は81.25歳

女性は87.32歳

最新の発表ではこうなっています。

 

すごいですよね。

一昔前に比べたら格段に寿命が長くなっています。

 

この様に平均寿命が長くなったのは素晴らしいですが、

では健康寿命はどうでしょうか?

※健康寿命→健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

 

頭痛や背部痛や腰痛、手のしびれや足のしびれ、

その他にも不眠や自律神経症状など、

何かしら身体の不調で日常生活に影響が出ている方も多いのではないでしょうか?

 

でもその反面、

歳を重ねていても何の不調もなく仕事や運動をバリバリしている方もいます。

 

何が違うのでしょうか?

 

日々の生活習慣、姿勢や栄養など様々な事が大きく影響しますが、

『今までどのようなケガをしてきたか』そして『予防をしてきたか』が大事です。

 

例えば交通事故。

交通事故にあったら病院で背骨のレントゲン検査をすると思います。

その時の状態を知る為の大切な検査です。

 

でもその時は特に問題なく大丈夫でも、

その交通事故の衝撃によって徐々に背骨が歪んだり変形が起こるかもしれません。

こういったものは何年、何十年という時間をかけて出てきます。

 

その他にも、

子供の頃にこけて頭を打ったり高いところから落ちて身体を強く打ったり、

スポーツで衝突したり転倒したりケガをしたり。

 

この様に誰もが経験するような所謂ケガでも、

先ほどの交通事故と同じようにその時は大丈夫でも後々に影響してきます。

 

大人になってから出た様々な症状が、

子供の頃にあったケガが影響しているなんてことも普通にあるのです。

 

だからこそ予防が大事になってきます。

 

もちろん痛みや症状が出たら早めに治療して対応することは当然大事。

ですが現代社会においてケガや様々な身体にかかる負担を完全に防ぐことは不可能です。

ですから定期的に身体の状態をチェックして常に良い状態を保っておく、

つまり予防をしていくべきなのです。

 

年齢関係なく予防をしていく事が、

いつまでも健康で生きていくためのコツではないでしょうか?

 

当院では筋肉・骨格・神経の3つの方向から歪みを整え、

痛みの出にくい病気になりにくい身体作りのアプローチをしていきます。

 

繰り返す頭痛、腰痛、不眠、自律神経症状でお悩み方は小村接骨院へご相談ください。

 

遠方の方は【M式テクニック】で検索してみて下さい。

業界トップクラスの先生方が患者さんの健康と生命を第一に考え、

常に腕を磨いてあなたを待っています(^^)

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ