Tap to close
   

最高の睡眠を手に入れよう!

最高の睡眠を手に入れよう!

電話道案内

こんにちわ!

京都市下京区で頭痛・腰痛、子供の姿勢の改善に絶対の自信!

小村接骨院院長の小村です。

 

『睡眠のゴールデンタイム』というものをご存知ですか?

 

この睡眠のゴールデンタイムをしっかり作れていないと

  • 寝つきが悪い
  • 眠りが浅く夜中に目が覚める
  • 朝スッキリ起きれない
  • いつも寝たりない感じがする

この様な事が起こってしまいます。

実際にこの様な悩みを持たれている方は多いのではないでしょうか?

 

これは睡眠の質が悪くなってしまっているからです。

ではなぜ睡眠の質が悪くなってしまうのか、

そして睡眠の質をよくするポイントをお伝えしていきます。

なぜ睡眠の質が悪くなるのか?

これは様々な要因がありますが、

  • 寝る時間、起きる時間がバラバラ
  • 寝る直前まで頭を使いすぎている
  • 自律神経の働きが乱れている

代表的なものとしてはこういった事で睡眠の質が悪化してしまいます。

 

ではこの睡眠の質をよくするためのポイントはどうすればいいのでしょうか?

大事なのは眠りはじめの90分

睡眠の質をよくするポイントは、

眠りはじめの90分の質をよくすることが大切です。

 

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠というものが繰り返されています。

簡単に説明すると、

レム睡眠は浅い眠りでノンレム睡眠は深い眠りの事です。

 

私たちは寝ている間、

大体90分の間隔でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

 

そして眠りはじめの90分は睡眠の中で最も深いノンレム睡眠になります。

この最初の90分の深い眠りが一番大切なのです。

 

この最初が上手くいかないと、

その後の睡眠のサイクルも乱れてしまい睡眠の質が低下してしまうのです。

 

なのでこの眠りはじめの90分が睡眠のゴールデンタイムであり、

この90分の眠りの質を上げる事が睡眠全体の質を上げる事になるのです。

 

では実際にどのようにしていけばいいのでしょうか?

はじめの90分の睡眠の質をよくするために

寝る時間、起きる時間を規則正しくする

寝る時間と起きる時間がいつもバラバラではやはりいい睡眠はとりづらいです。

 

ガチガチに決める必要はありませんが、

ある程度は決まった時間に寝て起きることが大切です。

そしてやはり早寝早起きを気を付けたいですね。

寝る前は頭もリラックスさせる

特にスマホやPCやテレビは早めに見ないようにすることです。

 

寝る直前までPCで作業をしていたり、

スマホで動画をみたりテレビを見ていると、

脳も覚醒した状態になりやすくなるので深く眠れない状態になってしまいます。

 

できるだけ脳もリラックスした状態の方が入眠しやすくなります。

一番大事なのは自律神経を整えること

そもそも睡眠の質が良い人は、

深部体温が日中は高くて夜になると低くなってきます。

逆に皮膚温度(表面上の体温)は日中は低く夜に高くなってきます。

 

この様に、

夜に深部体温と皮膚温度の差が縮まってくることで眠くなってくるのです。

 

子育てをされたことがある方はよくわかると思いますが、

赤ちゃんが眠たくてぐずっている時に手や足を触るとすごく温くなっています。

 

これは眠る為に皮膚温度をあげて熱を放散し、

深部体温を下げようとしているから。

大人も赤ちゃんほどではありませんが同じようなことが起こります。

 

そしてこれをコントロールしているのが自律神経なのです。

だから自律神経をしっかり整えることは、

身体が自然と眠りにつけるようになるので何より効果的です。

 

もちろん先にあげたように睡眠環境を整えることも大事です。

でもそもそもしっかり寝られるように身体の環境を整える事が先ではないでしょうか?

  • 寝つきが悪い
  • 眠りが浅く夜中に目が覚める
  • 朝スッキリ起きれない
  • いつも寝たりない感じがする

この様にお悩みの方は一度小村接骨院へご相談ください。

 

当院では筋肉・骨格・神経の3つの方向から、

しっかり寝られて痛みの出にくい病気になりにくい身体作りのアプローチをしていきます。

 

遠方の方は【M式テクニック】で検索してみて下さい。

業界トップクラスの先生方が患者さんの健康と生命を第一に考え、

常に腕を磨いてあなたを待っています(^^)

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ