Tap to close
   

痛みは身体の警報ベル

痛みは身体の警報ベル

電話道案内

こんにちわ!

京都市下京区で頭痛・腰痛、子供の姿勢の改善に絶対の自信!

小村接骨院院長の小村です。

 

今回は

『痛み(自覚症状)が無くなればそれでいいのか?いやいやそうじゃないよ』

という事を、少し過激なたとえですが火事を例にご説明していこうと思います。

 

火事は必ず『火元』があります。

どんな火事でも最初は火元が小さく、なかなか気づくことができません。

この『火元』が身体で言うと自覚症状の『原因』です。

 

火元は放っておくと少しづつ広がっていきます。

煙の量も増えてきます。

すると焦げ臭いにおいなどで「なんかおかしいぞ」と気づいてきます。

身体で言うと、

なんとなく身体の動きが悪かったりしんどかったり、

なんとなく気になるけど我慢できる程度といった身体の状態ですね。

 

そのまま放っておくと火はどんどん燃え広がって煙が家の中に充満してきます。

すると火災報知器が煙を感知し警報が鳴ります。

この火災報知器が出す警報が身体で言うと『痛み』や『自覚症状』です。

 

さてこれまでの話を踏まえて、

痛みや自覚症状をとっていくためにあなたならどうされますか?

 

痛いところをマッサージしたりストレッチをしますか?

痛み止めを飲んだり湿布を貼りますか?

 

こういった事は先ほどの話で例えると、

火災報知器のスイッチだけを切ろうとしたり、

窓を開けて煙を外に出すことで警報を止めようとしているのと同じことです。

 

一時的に警報が鳴りやんだとしても火元は残ったままなので同じことの繰り返しです。

それどころか火元はどんどん燃え広がり煙がますます多くなります。

1階の火災報知器だけだったのに2階の火災報知器までなることになるかもしれません。

そして最悪の場合取り返しのつかないことになる事も…

 

身体も同じです。

原因である火元を治していかないから痛みがなかなか治らなかったり、

余計きつくなったり治りにくくなったりしてしまうのです。

 

火元が無くなれば煙もなくなりますし警報も自然と鳴りやみますよね。

それが『治る』という事ではないでしょうか。

 

もちろんまた火元が起こらないように、

日常生活を気を付けたり身体のケアをしていくことも大事です。

 

小村接骨院では、自覚症状や痛みがなくなることをゴールにはしていません。

原因をとる事、そしてその後の事も考慮した上でしっかりとした施術計画を提案することで

よりよい健康のお手伝いをしています。

 

家と違って身体は引っ越したり立て直す事はできません。

あなたの身体は1つであり一生使っていく相棒です。

あなたのために頑張っている相棒をしっかりケアしていきませんか?

 

小村接骨院では筋肉・骨格・神経の3つの方向から、

痛みの出にくい病気になりにくい身体作りのアプローチをしていきます。

 

遠方の方は【M式テクニック】で検索してみて下さい。

業界トップクラスの先生方が患者さんの健康と生命を第一に考え、

常に腕を磨いてあなたを待っています(^^)

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ